カテゴリ:
a4d45dbd.g

すずろメンタルクリニックの『すずろ』ってナニ?ってよく質問されるので書いておきます。

『すずろ』は死語です。個人的なことですが、死語が好きです。『雲助』とか『トッポイ』とか。

使われなくなって意味を知る人が少なくなっているのにも関わらず、確かに存在していて独特の語感を保っているという妙なズレ感がおもしろいと思うのです。

さて、『すずろ』の意味はgoo辞書によると
すずろ【▽漫ろ】 
[形動][文][ナリ]《「そぞろ」と同語源》

1 (多く「すずろに」の形で)あてのないさま。
 また、これといった理由・目的のないさま。漫然。 
2 意外なさま。思いがけないさま。 
3 興趣のないさま。面白くないさま。
4 あるべき程度を超えているさま。むやみ。やたら。
5 思慮のないさま。軽率。
そんなにおめでたい意味でもありません。なので正直なところ、意味よりも語感で選びました。 『すずろ』という言葉を発した時の音声が単純に好きなのです。

付け加えて言うと、意味よりも語感で選んだというプロセスそのものが『すずろ』ということになっていて良い感じなのです。

これに対して、過剰に意味を追求することはヒロイズムで一瞬カッコよかったりするんですが、ともすれば逆に意味に縛られちゃって身動きがとれなくなってしまいます。意味のあることしか言えなくなってしまった人はだいたい疲れています。

『くつろぎ』とは、ありとあらゆるヒロイズムを進んで失うこと(ロランバルト)というわけで、過剰な意味に縛られて疲れてしまったひと達が、すずろにくつろげるようなクリニックにしていきたいなと思う今日この頃です。